相続・遺言のお悩みRSS

  • こんにちは。山形県酒田市の行政書士アドバンス総合事務所の中山です。 結婚、試験合格など具体的な条件を遺言で示しておく  たとえば、「姪が結婚したときは、姪に土地を与える」「司法試験に合格したら、現金100万円を祝い金とし... 続きを読む »

  •  こんにちは。山形県酒田市の行政書士アドバンス総合事務所の中山です。 たとえ夫婦であっても、一通の証書による共同遺言は無効となります。 夫婦が互いに財産を相手に譲りたいケースや、共有財産を第三者に譲りたいケースなど、共同... 続きを読む »

  • こんにちは。山形県酒田市の行政書士アドバンス総合事務所の中山です。 不在者財産管理人を専任してもらう方法と、失踪宣告をする方法があります。  遺産分割方法の指定がない遺言の場合、相続人全員で遺産分割協議を行う必要がありま... 続きを読む »

  •  こんにちは。山形県酒田市の行政書士アドバンス総合事務所の中山です。 遺言によって、住宅ローンなどを特定の相続人に相続させることができます。  遺産には、土地建物、現金、預貯金などのプラス財産と、住宅ローンや未払代金など... 続きを読む »

  •  こんにちは。山形県酒田市の行政書士アドバンス総合事務所の中山です。 財産を譲る代わりに、法律上の義務を負担させることができます。  遺言者は、遺言で自由に財産を遺贈することができますが、遺贈の条件として、一定の法律上の... 続きを読む »

  • こんにちは。山形県酒田市の行政書士アドバンス総合事務所の中山です。  一つ(一筆)の土地を子供たちに等分に相続させるには、二つの方法が考えられます。 ①子供たちに共有で相続させる方法  共有の場合、その土地の利用法は、共... 続きを読む »

  • こんにちは。山形県酒田市の行政書士アドバンス総合事務所の中山です。 遺言によって、5年間は遺産の分割を禁止することができます  たとえば、相続税の支払いのために先祖代々の土地を売却しなければならなかったり、遺産を分割する... 続きを読む »

  • こんにちは。山形県酒田市の行政書士アドバンス総合事務所の中山です。 民法では、相続人を、配偶者、直系卑属(子や孫)、直系尊属(父母や祖父母)などに限定しているため、被相続人に相続人がいないという場合も有り得ます。  この... 続きを読む »

  • こんにちは。山形県酒田市の行政書士アドバンス総合事務所の中山です。 あらかじめ遺贈先の意向を聞き、かつ相続人の理解を得ておくこと  遺言者が生前お世話になった老人ホームや福祉団体に、遺産を寄付したいと考えることはよくあり... 続きを読む »

  • こんにちは。山形県酒田市の行政書士アドバンス総合事務所の中山です。      遺言によって、祭祀主宰者を指定することができます  墓地や墓碑など、祖先を供養するために必要な財産は「祭祀財産」といい、ほかに仏壇や位牌、神棚... 続きを読む »

  相続が発生したけど、どうしたらいいかわからない。
  遺言を残し、妻と子供たちに円満に相続させたい。
  不動産をどうわけたらいいかわからない。
  建設業許可を取って大きな仕事をしたい。
  一人親方として頑張っているが許可は取れるだろうか。

TEL 0234-43-6588
一人で悩まずにご相談ください