相続人がいないとき

2015年12月17日

こんにちは。山形県酒田市の行政書士アドバンス総合事務所の中山です。

民法では、相続人を、配偶者、直系卑属(子や孫)、直系尊属(父母や祖父母)などに限定しているため、被相続人に相続人がいないという場合も有り得ます。
 この場合、相続財産管理人が専任され、公告によって相続人の搜索が実施されます。戸籍上は相続人でなくとも、未認知の子がいる場合などがあるからです。
 相続権はないものの、被相続人と一定の関係にあった第三者が、家庭裁判所に申し立てをして認められれば、「特別縁故者」として、相続財産の一部あるいは全部について、財産分与を受けることができます。この場合の第三者には、内縁の妻や叔父・叔母、従兄弟、被相続人の看護に務めた人(あるいは団体)、事実上の養子関係にある者なども含まれています。
 結局、相続人が発見されず、特別縁故者に分与された財産が残った場合には、国庫に帰属することになります。
 特別縁故者として、財産分与を認めてもらうには手間も時間もかかるため、お世話になった人には、やはり遺言書を書いておくほうがいいと思います。

↓酒田・鶴岡・庄内のブログはこちらからも↓

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 鶴岡情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 酒田情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
鶴岡情報酒田情報庄内情報

  相続が発生したけど、どうしたらいいかわからない。
  遺言を残し、妻と子供たちに円満に相続させたい。
  不動産をどうわけたらいいかわからない。
  建設業許可を取って大きな仕事をしたい。
  一人親方として頑張っているが許可は取れるだろうか。

TEL 0234-43-6588
一人で悩まずにご相談ください